マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目雅浩 感想

このサイトは、夏目雅浩さんの英語教材「マッスル・イングリッシュ・プログラム」の内容、効果、感想などの情報を公開しています。

マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目雅浩 感想



詳細はこちらをクリック


理にかなった、目からウロコの英語速習法。
28日間で英語習得最大の壁を超えられます。



「マッスル・イングリッシュ・メソッド」という、ある意味で画期的な英語習得法があります。名前からも想像できるとおり、「マッスル=英語筋肉」を鍛えて英語を話せるようにするという方法です。目指すは「瞬間英語生成」。


この英語習得法の基本的な考え方はハッキリしていて説得力があります。


『英語はスポーツと考えよ』


例えば、サッカーが上手くなりたいときに、本やDVDでサッカーの技術を知識として知るだけでは上達できませんよね。試合のなかで瞬間的に使えるようになるまで、繰り返し練習をして技術を体に覚えこませなければなりません。


つまり、サッカーの筋肉を鍛えないと上達しないのです。頭でわかっているだけでは、実戦で全く役に立ちません。


英語の習得も同じです。知識として知っているだけではダメで、英語筋肉を鍛えて瞬間的に反応できるようにトレーニングする必要があるのです。


ところが、何故か英語学習の場合には、大量の知識を頭に詰め込む事に必死になっている人が多いんですね。


はじめに英語筋肉を鍛えておけば、単語も熟語も文法も、後からずっと楽に身についてしまうというのに、・・・。


英語筋肉は耳・口・頭(脳)にあります。その英語筋肉を鍛えるには、シンプルな2種類のエクササイズを行うだけでOKです。


1日30分、それらのエクササイズを実践していくと、28日間程度で英語筋肉が付いてきます。瞬間的に英語を生成する力がつき、リスニング能力も上がり、聴いた言葉を長期記憶に保持することができるようになります。


いきなり英語で話しかけられて、反射的に答えている自分に驚くかもしれません。


「マッスル・イングリッシュ・メソッド」の実践者のなかには、頭が真っ白な状態でも英語を話し続けることができて、不思議な体験をしたという人が何人もいます。


頭が覚えた知識ではなく、体が覚えた能力なので瞬間的に反応できますし、頭が真っ白でも英語を話せてしまうのです。


ちなみに、英語筋肉を鍛える英語速習法は英検やTOEICなどの英語資格試験にも効果抜群です。英語の地力が格段に向上するので、特に準備しなくても各試験で高得点を取れるようです。この方法の考案者である夏目雅浩氏は、準備なしで受けたTOEICで920点だったといいます。


英語筋肉を鍛え、「瞬間英語生成」のレベルになりたい方は、「マッスル・イングリッシュ・プログラム」を実践してみてください。(もうすぐ、値上げされるようです。)



詳細はこちらをクリック





このサイトは、夏目雅浩さんの英語教材「マッスル・イングリッシュ・プログラム」の内容、効果、感想などの情報を公開しています。




韓国語習得法 「パク・ナヨンの韓国語速習プログラム」 効果


受験生の最強の武器「試験に受かるユダヤ式記憶術」 レビュー


ハリウッドスター・6ステップ英会話学習法 花田澄美 レビュー


マッスル・イングリッシュ・プログラム 夏目雅浩 内容 効果 感想